p0ketan’s blog

ポケたんです

コアなファンも多くスズ菌と支持されている

スズキバイクがもたれているイメージ

  • 変態
  • 独創的
  • 自分好みにカラーリングしやすい

 

スズキというと軽自動車のイメージが強いですが、バイクメーカーとしても定評があります。スズキは、原付・スクーターから大型バイクまで製造していますが125㏄までの車種が多い傾向があります。

 

 

 例えば、アドレス、レッツ、バーディー、GSX-Rなどです。

 

 

コストを下げつつ、いかに性能の高いバイクを作るかという事を追及し続けているため、安っぽい印象を持つ人も多いようですが、確かにほかのメーカーと比べると、見た目の高級感は劣るものの、性能と耐久性は決して劣ることはありません。

 

排気量の小さなバイクでも、他社の排気量が同じバイクに比べるとすさまじい馬力をもっており、スピード感なども大きく違ってきます。

 

低コストを実現しつつ、他メーカーよりも高い馬力のバイクをどんどん開発し、自主規制の対象者になってしまうこともしばしばありますが、そんな限界に挑戦するスズキの姿勢は、コアなバイクファン絶大な支持を受けています。

 

その特徴といえば、なんといっても独特なデザインセンスにあるでしょう。もちろん性能にも妥協することはなく、高性能としても有名ですが、大型バイクのフォルムでは多くの人々が、その魅力に取りつかれています。このバイク乗りは感染者とよばれることもあります。

 

それがスズキファンにはたまらないポイントである上に、ほかのライダーと車種がかぶりにくい点も高評価を得ています。

 

 

スズキの代表者といえば、なんといっても「」です。

スズキの代表色ともいえる鮮やかな青とホワイトのコントラストが美しく、ほかのバイクを寄せ付けないような、圧倒的な存在感があります。レースでも多く活用され、また優秀な成績を残した隼は、スズキのすべての技術を用いて究極のバイクを作ろうというコンセプトのもと開発されました。

 

これ、という目標を定めずに究極を追求していった結果、なんと時速300kmという脅威のスピードを叩き出したそうです。アクセルを軽くひねればワープしそうなほどの加速をし、ワインディングも気持ちよく走ることができます

 

バイクに乗れないときに眺めたり、磨いたりしているだけでも幸せな気分になるという特別な1台、それが「」です。

 

熱狂的なファンが多く、同じ名前の駅では、そのバイクに乗る人たちの聖地とされ、メーカーが公式化したお祭りも開かれています。その際には全国から1000台以上の大型バイクが集まるなど、異常な盛り上がりを見せています。

 

 

 

スズキのバイクは比較的シンプルなカラーの者が多く、カスタマイズでカラーリングをするにもその分楽しみが多いと言われており、もともとのカラーリングを一切無視してオールペイントを施す際にも、スズキのバイクは見た目がとても面白くなってくれます。

スズキのエンジンは非常に強いため、様々なトラブルに見舞われしまうことが少ないと言えます。トラブルが少なければ、その分ランニングコストは低いと言えます。こういた部分にこだわりながら、数々のバイクを見出してきているスズキなのです。またスズキのバイクは比較的重量が多くないので女性でも扱いやすく、テクニックの高い売価さんであれば自然の中を駆け抜けるように扱うことも可能です。