はじめて父親に真剣に怒られました。けど、少しうれしかった。

 

 

 

 おはようございます。昨晩の10時からずーっとパソコンで記事やらブログやら、ほとんど一緒か、あとはタイピングゲームしたり、ネットサーフィンしてたら朝を迎えました。

 

 ここのところこんな生活ばかりです。

 

 

 大変、お恥ずかしい話ですが、今年の4月に入社した、会社を退職したことを伝えたら、めちゃくちゃ怒られました。

 

 母親と、父親と、言っていることは同じですが、偏見に値するかもしれませんが観点が違うようで、母親に怒られるより、心に響きました。

 

 

 

 正直、自分自身が不甲斐なさ過ぎてちくしょう、くそったれ、と思いながら求人探しては気になったところに応募して話を聞いたり

 

 実は移動式じゃないクレーンの資格と玉掛け、どちらも無制限の国家資格を持っているので、それを活かせないかと思い、飲食はやめ、手に職を持つという形で転職活動中です。。

 

 

 

 

 

 

 前職の社長に言われても、転職アドバイザーの人に言われてもやっぱり変わらなかった。

 

 少しでも、気持ちを変えてくれたのは父親です。

 

 今日、母親に言われました。

 「私たちのほうが早く死ぬんだから早く安心させてくれ」と

 

 

 

 

 

 

 早いとこ退職届出して、やっぱり工場、いや技術者が向いていると自分では思っているので、よーーーーく考え検討し、よく話を聞いて次の仕事を決めようと改めて気づかされました。。

 

 

 ありがとう、親父